書籍は今や絶滅の危機に瀕している。父母や祖父母の時代には、本を読むのが楽しみであり、また、その本がいかに貴重なものであったか!当時の書籍を眺めていると、生まれる前の時代が、無性に懐かしい。

古本あるいは古書の楽しみ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
第二水準漢字が使用できますか?
 ちょっと気になって、各社ブログによっては第二水準漢字が使用できないことがあるので、Fc2さんはどうだったかチョット気になって立ち寄ってみた(笑)

 久しぶりだからチョット照れ臭くてね。


        活血袪瘀

   うん! 大丈夫でした。
スポンサーサイト
| 旧漢字・旧かな | 23:43 |
葛西善蔵全集(津軽書房版)
 先日、青森の古書店 林語堂さんから、葛西善蔵全集(津軽書房版)を手に入れた。

 昭和50年(1975年)頃の発行だが、しっかりと旧字・旧かなで、つまり正字・正かなの正しい日本語表記であり、作家自身の原稿に忠実であろうということだ。

 この作家に興味があるのは、そのお弟子筋に嘉村礒多(かむらいそた)という長州の恥さらし作家として常に気になる私小説家がいたかあだ。

 長州人にも色々あら~~~なということではあるが、この嘉村礒多のどうしようもない生き方が、彼の性格とは真反対であると信じる小生自身が、かなり気になってしようがない存在なのである。

 その嘉村礒多が師匠である葛西善蔵に対する太鼓もち以上のひれ伏し方にも腹が立つが、ワザワザ水から好んで不幸ばかりに突き進んでいく呪われたかのような生き方に我慢がならない。

 我慢がならないといっても、やはり彼の軌跡が哀れでもあり、どうしてここまで不幸になりたかったのかと訝しく、同じ長州人として無視するわけには行かないのだった。

 だから彼の師匠でもある葛西善蔵も、嘉村礒多を知る上で、おのずと興味を持たざるを得ないというわけであった。


葛西善蔵全集 全4巻(津軽書房版)

同じく葛西全蔵全集
| 旧漢字・旧かな | 16:57 |
お正月に発見していた旧漢字旧かなの文学専門サイトさん!
素晴らしい文学専門サイトをお正月に発見し、口をポカ~~~んと開けて、眺めていた。

         文学の扉

明治以後の名作揃いの素晴らしさ。

しかも本格派で、戦前の文学はすべて?旧漢字・旧かなのようである。

豊富な日本文学が集めれられているだけに、すべてを覗いたわけではないが、少なくとも拝見した限りでは、原文に忠実な正字・正かなをそのまま採用されている風である。

サイト構築には随分苦労があったに違いないと、敬服するばかりである。

惜しむらくは小生の大好きな上田敏の訳詩集『海潮音』がどうも見当たらない!?
| 旧漢字・旧かな | 16:24 |
戦後の正字・正かな本
戦後、だいぶたってからも、著者や作家の信念から、正字・正かな(旧漢字・旧かな)を守り通した人も、多い。

この三島由紀夫全集は、個人的に思い出深い。

全集の全巻を定期配本してもらって、全35巻と別巻まで、完全揃で、書棚を飾っていた。

ところが、ある全集が古書店でどうしても欲しくなり、お金がないので、三島由紀夫全集を含めて、手持ちの文学関係の書籍を全部売りつくして、資金をこしらえたことがある。

翌日から、ひどく後悔しても、後の祭りである。

何とかお金をためて、取り戻したい、というのが長年の夢にさえなった。

その後、三島由紀夫全集の古書価は上昇する一方で、あきらめざるを得なかった。

10年くらい前だったか、多くの古書価が下がり始めても、16万円はしていたので、やはり買い戻すのは無理であった。

昭和50年代・三島由紀夫全集(すべて旧漢字・旧かな)


ところが、新潮社が、新たに全集を、今度は新字・新かなに改変して出版されるようになった途端、古書価は暴落。

数年前に、ようやく45,000円で、買戻すことが出来た。
| 旧漢字・旧かな | 06:45 |
正字・正かな (旧漢字・旧かな)のよろこび
戦前はもちろんのこと、戦争直後も、しばらくは正字・正かなの時代が続いていた。

「正字・正かな」とは、「旧漢字・旧かな」のことである。

現代では、これも絶滅の危機に瀕しており、高校の漢文授業の教科書でさえ、早くから正字を廃止して、新漢字を採用しているというのだから、唖然とする。

また、漢字にルビを振る習慣も、早くから衰退している。
昔は、総ルビが、アタリマエという時代もあったのだ。

中国でも早くから略字を使用しているが、台湾ではいまだに正字が使用されている。
うらやましい限りである。

かといって、オマエは書けるのか、と問われれば、少し自信がない。

でも、読むことには何の不都合も、不自由もないどころか、旧漢字、つまり正字・正かなでないと、読んだ気がしないのである。

IMG_0036.jpg


IMG_0085.jpg


IMG_0086.jpg
| 旧漢字・旧かな | 12:15 |
| ホーム |

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE

ヒゲ薬剤師
ヒゲ薬剤師  趣味:ボクシング・チヌ釣り・読書・旧漢字旧かな信奉・戦前の書籍の蒐集(ホームページ歴)一般Webサイト3つ、ブログ・多すぎて忘れた!つ 年齢55歳(職業)漢方薬専門薬局経営[薬剤師]
村田漢方堂薬局
RECOMMEND
  • まとめ
  • SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
  • 漢方と漢方薬
  • 漢方薬専門・漢方相談/村田漢方堂薬局
  • 漢方と漢方薬の真実
  • 漢方専門薬剤師による漢方薬方剤漫遊記
  • 厳選相互リンクSEO
  • 文武両道・失われた日本の心
  • 相互リンク専門サイト運営記録
  • 私に影響を与えた良書・悪書・珍書・奇書・希書
  • HP・ブログ・PageRank・SEO・傾向と対策
  • 漢方薬局・村田漢方関連サイト・漢方薬ブログ管理日誌
  • 寅年・ヒゲ薬剤師の子分はネコドモだ!
  • 厳選相互リンクSEO・ブログ版
  • 白衣を脱いだ漢方と漢方薬のヒゲ薬剤師
  • 漢方と漢方薬の将来のために
  • 漢方と漢方薬の正しい意味
  • 漢方と漢方薬および中医学関連情報
  • 非常識な「常識」を覆す
  • 漢方薬・漢方専門薬局薬剤師の憂鬱
  • Webクリエーターになった?!漢方と漢方薬専門の薬剤師
  • 漢方と漢方薬の質疑応答集と村田漢方堂薬局の近況報告
  • 漢方と漢方薬は風邪・流感に本当に有効か?
  • 漢方薬は中医学と日本漢方を合体した「中医漢方薬学」の漢方相談専門薬局
  • 漢方薬は漢方医学に中医学理論を導入した中医漢方薬学
  • 漢方と漢方薬によるアトピー性皮膚炎研究変遷史
  • 漢方と漢方薬および中医学・中医漢方薬学
  • SEO対策相互リンク厳選
  • SEO対策相互リンク集
  • 相互リンクSEO
  • 漢方専門・漢方薬相談/村田漢方堂薬局の漢方薬(医薬品)
  • 漢方専門・漢方薬相談/村田漢方堂薬局の周辺風景
  • 漢方薬専門・村田漢方薬局による漢方相談
  • 日本漢方と中国漢方医学・薬学を合体した中医漢方薬学
  • アトピー性皮膚炎の漢方と漢方薬・漢方相談専門薬局
  • 漢方薬のMKDYネット
  • 漢方基本方剤の研究
  • 中医学と西洋医学━中西医結合への道
  • 警告:無謀な温め療法!
  • 中医学と漢方医学
  •  人気サイト ランキングナビ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。